ハイドロカルチャーに最適!おすすめの鉢植えは?

  • ハイドロカルチャーに最適!おすすめの鉢植えは? はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

ハイドロカルチャーを始める人にとって悩みの種となりやすいのが鉢植え(鉢)の選び方。

Sponsored Link


大きさ・形・色・材質・お値段…とにかく気にすべき点が多いです(´ー`A;)

好みで選べば良いと言えばそれまでですが、育てる植物に合った鉢でないと植物を駄目にすることも。

鉢植えが原因で植物が枯れるなんて悲しいことです。
植物にぴったりの鉢を選んであげたいですよね?

そこで今回は、「植物のサイズ別に選ぶおすすめの鉢植え」をご紹介いたします(〃ゝ∇・)ゞ

小さな植物ならゃれで便利なガラスの小瓶!


まずはハイドロカルチャー初心者の味方、ハーブなどの小植物に合う鉢植えをご紹介します!

ハイドロボールを使わず水だけで育てられるような小さな植物には「ガラスの小瓶」がおすすめ(●´∀`)ノ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガラス瓶 コルク瓶 球ビン 木口 コルク付 106ml 〈40.5×33.5×1…
価格:237円(税込、送料別) (2018/5/22時点)


根以外が水につからないように、口の部分はできるだけ狭くなっているものがおすすめです。

ガラスの小瓶は場所も取りませんし、丸洗いも簡単で清潔感が保ちやすい物。

ハイドロカルチャーにおいて水や鉢植えの清潔さは、植物の健康を維持するためにも重要なポイントです。

さらに、ガラス瓶なら常に根や水の状態が確認でき、植物の健康状態を維持管理しやすいという利点も!

清潔さ・便利さ・おしゃれさの三点を兼ね備えたガラスの小瓶はとっても優秀な鉢植えなんです(●´艸`)

またガラスの小瓶は本当にたくさんの種類があります。色・形・大きさ、好みの瓶がきっと見つかりますよ♪

100均でも入手できますので、まずはガラス瓶でハイドロカルチャーを始めてみるのも良いでしょう。

可愛さ重視なら丸瓶がおすすめ!


ガジュマルやパキラなどの小さめの観葉植物や小松菜などの野菜を育てるのにおすすめなのは、可愛らしい「丸瓶型の鉢植え」ですね(σ^▽^)σ


このタイプの鉢植えは材質の種類がとっても豊富。

ガラスのものや陶器のもの、様々なものがあります。

ハイドロカルチャーで多い失敗は水やりなので、慣れないうちはガラスなど透明のものがおすすめです(´・∀・)ノ゚

金魚鉢を鉢植えの代用品にしている人も多く、インテリア性と自由度の高い鉢植えですね。

ただし、あまり丸すぎると安定感がなくて危険です!

底はしっかりと平らなものを選ぶ方が良いでしょう。

また、丸い鉢植えは持ちあげた時に手を滑らせる可能性も。持ち運びの際には細心の注意を払いましょう(`・ω・´)ゞ

大型の植物は安定感のあるスクエアタイプが吉!


モンステラやサンスベリアなど大型の観葉植物を育てる時にはこちら。

安定感抜群の「スクエアタイプ」の鉢植えがおすすめです!


スクエアタイプというのは上の画像のように四角い形の鉢植えのことを言います(`・ω・´)ノ

真四角に近ければ近いほど安定感が増します。

ただ、あまりに底が浅すぎると根の発育を妨げることも。

育てる植物の大きさに合わせて高さと幅を選びましょう!

モンステラなど、葉が大きくなる植物や頭でっかちな植物は特に注意が必要です。

あまりに細長い鉢植えや底が丸っぽい鉢植えだと、頭の重さで転倒してしまう可能性もありますからね。

大型の植物を育てようと考えている方は植物の将来も考慮して鉢を選びましょう(*´∀`*)ゞ

あとがき。


以上、「植物のサイズ別に選ぶおすすめの鉢植え」をご紹介いたしました。

参考になりましたでしょうか?

鉢植えは植物にとってはお家のようなもの。

居心地の良い鉢を選んであげてくださいね♪

Sponsored Link

  • 2016 08.16
  • ハイドロカルチャーに最適!おすすめの鉢植えは? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ハイドロカルチャー おすすめ 100均
  2. ハイドロカルチャー 植物 選び方
  3. ハイドロカルチャー 観葉植物 育て方
コメントは利用できません。