ハイドロカルチャーで観葉植物!ガジュマルの育て方を詳しく!

  • ハイドロカルチャーで観葉植物!ガジュマルの育て方を詳しく! はコメントを受け付けていません。

この記事は4分で読めます

ハイドロカルチャーで育てられる
本格的な観葉植物の一つ「ガジュマル」

小さな木のような見た目ですが
幹は太くて逞しい観葉植物です(●´▽`)


Sponsored Link



また、ガジュマルはとても不思議な植物で

「精霊が宿る聖なる木」と言われたり、
「幸運を呼び込む木」と言われたり、
「絞殺しの木」と言われたりと様々な字名があります。

独特な形に育つためインテリアとしても最適!
ハイドロカルチャー界でも人気の植物なんです。


神秘的で力強い観葉植物…
あなたも育ててみたくありませんか?

という訳で今回は、

「ハイドロカルチャーで育てる観葉植物~ガジュマルの育て方~」

をご紹介いたします(〃ゝ∇・)ゞ


ガジュマルってどんな植物なの?基礎知識と準備品を知ろう!



ガジュマルの育て方を解説する前に
まずはガジュマルの知識を深めましょう!

ガジュマルは熱帯の地方で育つ木です。

かなり大きく育つ上に他の木に絡みついて
自分の養分にしてしまう恐ろしい一面も(´Д`。)


ゆえに「絞殺しの木」なんて呼ばれるわけですね。

ですがその生命力と独特な形から、
神秘的な「精霊の宿る木」と考えられることも。


とっても不思議な木なんですね。
同時に熱帯のガジュマルは少し怖い木なのです。

ですが観葉植物用のガジュマルは基本的に
小さな木で、見た目もとっても愛らしいですよ(●´艸`)


01

これが観葉植物のガジュマルです。
ミニチュアの木という感じで可愛いですね!


さて、こんなガジュマルをハイドロカルチャーで
育てるために必要なものは以下に挙げる通りです。
【ガジュマルを育てるために必要なもの】

  • ガジュマルの苗
  • 鉢(透明なものがおすすめ)
  • ハイドロボール
  • 根腐れ防止剤
  • 霧吹き
  • 園芸用のハサミ
  • ガジュマルの苗以外は全て100均で揃います。
    お好みの品を揃えていってくださいね(●´▽`)


    何点かおすすめの品がありますので
    それだけご紹介させて頂きますね!


    ①根腐れ防止剤

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    ゼオライト:Pure Lite(ピュアライト) 250g
    価格:493円(税込、送料別) (2018/5/21時点)



    数種類ある根腐れ防止剤ですが
    ガジュマルを育てる際によく使われるのは、
    「ゼオライト」という根腐れ防止剤です(´・∀・)ノ゚

    これは100均でも取扱いがある上に
    近年ではカラーのものや星型のものなど、
    可愛らしい見た目の商品も増えています!


    ②園芸用のハサミ



    ハサミは剪定のために使うのですが
    注意点がありまして…当たり前ではありますが、
    必ず「園芸用ハサミ」を購入するようにしましょう。

    他のハサミでは切れ味が悪かったり植物を傷つけてしまったり
    ハイドロカルチャーを続けるのが困難になります。

    上記で紹介している商品は女性にも扱いやすい
    軽い園芸用ハサミで人気商品ですよ(*´∀`*)ゞ


    ガジュマルを育て始めるには?初期準備と基本的な育て方を確認!



    必要なものが全て準備出来たら
    いよいよ園芸がスタートします(●´▽`)


    02

    では、まず初期準備の方法を確認しましょう!
    【ハイドロカルチャーの準備】

    ①鉢の底に根腐れ防止剤を入れます。

    鉢の四分の一程度で大丈夫です。

    ②その上からハイドロボールを少量入れます。

    ③根を傷つけないように鉢に入れてください。

    その上からハイドロボールを被せましょう。

    ④ガジュマルの根は複雑な形をしています。

     根の隙間もハイドロボールで埋めましょう。
     この時に根を傷つけないよう加減にご注意!

    ⑤鉢の五分の一程度の水を入れて初期準備完了!
    準備はたったのこれだけで完了ですが、
    もしもガジュマルの根に土がついているようなら、
    土を払った後にぬるま湯で根を洗ってください。

    ガジュマルを痛めつけないように優しく、
    そして迅速に行ってあげてくださいね(●´∀`)ノ


    続いて基本的な育て方をご紹介いたします。
    以下の点に注意して育てていきましょう!
    ①春・夏の水やりは鉢の水が乾燥してすぐに。

     鉢の五分の一程度の水を入れましょう。
     同時に霧吹きで葉全体に軽く水をかけるとGood!


    ②秋・冬は鉢の水が乾燥して2~3日後に水やりを。

     これも鉢の五分の一程度の水でOK。
     秋・冬の霧吹きは時々で大丈夫です。


    ③元気のない葉は常に剪定してあげましょう。

     また、夏は育ちが早くて全体が大きくなります。
     バランスをみつつ余分な幹や葉を剪定しましょう。
    ポイントさえ押さえていれば初心者でも
    きちんとガジュマルを育てることができます!

    元が熱帯の植物なので寒さが苦手なことと、
    夏に水をきらしてはいけないことを
    覚えておけば枯らさずに育てられますよ((*´∀`))


    ガジュマルを健康に育てるには?お世話のコツをチェックしよう!



    最後に、より元気で逞しいガジュマルを
    育てるためのコツをいくつかご紹介いたします♪


    03

    ①ガジュマルの植え替え

    ガジュマルはどんどん大きく育っていきます。

    常に元気で力強くいてもらうために、
    一年に一度は植え替えをしてあげる必要が。


    ハイドロカルチャーにおける植え替えとは、
    ハイドロボールや根腐れ防止剤を全て
    新品に変えてあげることを言います(`・ω・´)ノ

    一般的には4~6月の間に植え替えるのが
    良いと言われていますので、春先には
    植え替えを忘れないようにしておきましょう。


    この時、ガジュマルに対して鉢が小さいようなら
    鉢も一回り大きいものに変える必要があります。


    ②日光が大好き

    ガジュマルは熱帯植物だからか日光が大好き。

    室内で育てるハイドロカルチャーの場合でも
    窓際に置いて日に当たるようにしましょう。

    ただし直射日光に当てるのは厳禁!

    置き場所はしっかり考えましょうね(´ー`A;)


    ③風通しをよくすると吉

    いくら土を使わないハイドロカルチャーでも
    植物自体に虫がわいてしまうことがあります。

    それを避けるためにも風通しの良い場所
    鉢を置いてあげるよう心がけましょう(*´∀`*)ゞ



    力強く神秘的なガジュマル!簡単なお世話で本格的な観葉植物に♪



    以上、

    「ハイドロカルチャーで育てる観葉植物~ガジュマルの育て方~」

    をご紹介いたしました(〃ゝ∇・)ゞ


    いかがでしたでしょうか?


    意外と簡単に育てられるガジュマル。
    興味が出てきた方はぜひ育ててみてくださいね。

    もこっとした足元?が可愛いですよ(●´Д`●)


    Sponsored Link

    • 2016 05.31
    • ハイドロカルチャーで観葉植物!ガジュマルの育て方を詳しく! はコメントを受け付けていません。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る
    コメントは利用できません。